HOME

15歳の少年が3年かけて、未発見だった『星座の位置に存在するマヤ文明の古代都市』を判明させる!

2016/5/13 | 6,404 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

世界最古の『メソポタミア文明』・・。
昔、学校で習った記憶が微かにある方もいることでしょう。

 

メソポタミア文明は、5500年前に誕生したと言われています。
その文明の誕生を皮切りに、インダス文明やマヤ文明、エジプト文明など様々な文明が生まれます。

 

しかし、滅びてしまった文明も少なくありません。

 

現在のメキシコ南部を中心に栄えたマヤ文明も、西暦909年にその姿を消しました。

 

qt3f34jhrkbsoawqpueb

出典 gizmodo

 

今回ご紹介する話は、そんなマヤ文明に関する出来事です。
マヤ文明は、文字と暦の体系を完成させた文明でもあります。

 
 

15歳の少年があることを発見したようです・・

 

カナダに住む当時12歳だったウィリアム・ガドリーくんは、「2012年に地球は滅亡する」というマヤの予言がきっかけでマヤ文明に興味を持っていました。

 

熱心にマヤ文明のことを調べる中で、「マヤ文明の都市は、なぜ不便な森の奥にあるのだろう」という疑問を持ち始めます。
マヤ文明では星が信仰されていたことから、ウィリアムくんはある仮説を立てます。

 

古代マヤ人は星座の位置と同じ場所に、都市を築いたのではないか

 

maya-city

出典 independent

 

彼は、そんな仮説を立てました。

 

早速、グーグル・マップを使って、その事実関係を調べます。
22種のマヤの星座を研究したところ、なんと117の都市がその星座の位置に存在すると判明しました。

 

続けて調べていると、新たな疑問が湧いてきます。

 

「オリオン座を構成する星の一つに、あるはずの古代都市がまだ発見されていない・・。発見されていないだけで、存在するはずだ!」

 

彼が目星をつけた場所は、メキシコのユカタン半島というところでした。

 

そして、ウィリアムくんは、カナダ宇宙庁に連絡を入れます。
それを聞いたカナダ宇宙庁は、NASAとJAXAに協力を依頼します。

 

34011C6000000578-3582635-The_Canadian_teenager_pictured_left_compared_the_locations_of_11-a-38_1462877959607

出典 dailymail

 

依頼を受けたNASAとJAXAは、その正確な位置を割り出します。
そして、ついに・・正確な位置が特定できました。

 

次のページでは、古代都市らしきものが発見されたその画像をご覧ください。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る