HOME

【5/18~6/3までが観測のチャンス!】火星が11年ぶりに地球に最接近!最も良く見える日は?!

2016/5/18 | 7,235 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

近年では、移住計画も話題として上がっている惑星“火星”。
そんな火星がもうすぐ、地球に接近すると言います。

 

地球が太陽を一周するのにかかる日数は約365日ですが、地球より外側に位置している火星は一周するのに、約687日かかるそうです。

 

89187775_543962c887_z (1)

出典 Flickr

 

地球は780日ごとに火星を追い抜きます。
この追い抜く時に地球と火星は最接近するのです。

 

接近したとしても、火星の軌道は軽い楕円軌道であるため、両惑星の距離はその時によりまちまちなのです。

 
 

接近した火星を観測するには、いつ頃が見頃なのでしょうか

 

今回は2016年5月31日に一番近づくようです。
その位置は、南東から南の間付近になるのだとか。

 

2016年5月31日の夜、さそり座とてんびん座の間あたりに、明るくて赤い星が見えるはずです。

 

14110857035_d6d941d8bf_z (1)

出典 Flickr

 

しかし、2016年5月31日以外にも火星を観測するチャンスはあります。
実は、今回の接近中に火星は『衝』(しょう)を迎えるのです。

 

『衝』というのは、地球から見て星や衛星が、太陽と正反対の場所に存在する状態をいいます。
今回の場合は、太陽と地球と火星が一直線に並ぶことになります。

 

火星が良く見える『衝』を迎える日付とは・・!?

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る