HOME

22年前のチケットを持って初のディズニーランドに来た女性。そのときスタッフが行った神対応に感激!

2016/5/25 | 68,075 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ディズニーランドは子供にはもちろん、大人にも夢を与えてくれます。

 

派手なアトラクションだけでなく、“細かなことに気づくスタッフの紳士的な対応”もディズニーランドが夢の国と呼ばれる由縁なのです。

 

そんな夢の国に迷い込んだ一人の女性が話題になっています。
彼女の名はチェルシー・ハーラインといい、現在27歳になります。

 

22-year-old-disney-ticket-today-160520-05_8f1551f58886eb9d97538aec9fc0e2bf.today-inline-large

出典 TODAY

 

ことの始まりは今から約22年前、彼女がまだ4歳のころでした。

 

両親からディズニーランドのチケットをプレゼントされたチェルシーさん。
しかし、夢の国へ行く日を心待ちにしていたにも関わらず、運悪く病気にかかってしまったそうです。

 

その病気のせいで、楽しみにしていたディズニーランドへ行くことを断念してしまいました・・。

 
 

22年越しのディズニーランドへ

 

それから時が流れ、チェルシーさんも27歳に。

 

ある日、彼女の父親が金庫の整理をしていると、中から病気で行けなかったディズニーランドのチケットが見つかりました。

 

22-year-old-disney-ticket-today-160520-01_8f1551f58886eb9d97538aec9fc0e2bf.today-inline-large

出典 TODAY

 
 

そのチケットを持って、彼女はダメ元でディズニーランドへと向かいます。
そこで、入場窓口の女性にチケットを差し出します。
その女性は「見たことがないチケットだ」とマネージャーに確認し始めました・・。

 

果たして、チェルシーさんは無事に夢の国へと入ることができるのでしょうか。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る