HOME

中学の数学のテストで途中式を書いたらが採点が全てバツに…!その理由から賛否両論さまざまな意見が

2016/5/27 | 39,803 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

小学校までは「理解度」や「取り組みの様子」が主な成績評価基準でしたが、中学校になると各科目の授業内容も小学校とは比べ物にならないほどレベルアップし、成績つけの基準に「テストの成績」が大きく反映されてきますよね。

 

そんな中学校で起きた、数学のテストの採点内容が話題となっています。

 
 

テストの採点が全問不正解にされていた・・・

 

中学1年生の、初めての定期テストでの出来事です。
 
ある生徒の数学のテストが、設問の解答は全て不正解という採点で返されてしまいました。
そのテスト用紙には、不正解となってしまった採点理由について一言書かれていたそうです。

 

math1 (1)

出典 photo AC

 
 

その理由は「答えのみを書く」というもの。

 

たしかに、その答案には解答以外にも途中式が書かれていましたが、計算結果についての正解不正解は一切書かれていませんでした。

 

この答案を見せられた塾講師の方は、他の通塾生にもテスト前に解答方法に指示があったのか確認をしたところ、答案用紙にも授業中にも「途中式を書いたらバツにする」というアナウンスは一切なかったそうです。

 

その数学の先生は「テストの採点が厳しいことで有名」で、途中式の記入以外にも解答の記述方法にもかなり厳しいルールが設けられていたのだとか。
 
またその先生に限らず、アルファベットの書き方や「漢字で習ったものは漢字で書かないとバツ」というルールを設けいている先生も多くいて、その厳格なルールが後に高校受験や大学受験を向かえる生徒のためになるということも分かっていることも踏まえつつ、

 

『正負の計算もままならなかったあの子がようやくたどり着いたあの答案を、あんなふうに切り捨てるのは私の「心情的」に許せません。』

 

と、生徒の成長や頑張りを評価していないように見える、数学教師の採点に憤りを感じているそうです。

 
 

テストの解答にまつわるアレコレ

 

▼設問と解答用紙をしっかり見なさいってことですよね

 
 

▼そうそう、「こんなにスペースある!埋めなきゃ!」って気になります

 
 

「数学のテストあるある」のような、みなさんの経験談・・・
私も身に覚えがあり、なんだか懐かしい気持ちさえしてきました。

 

しかし、この解答方法の指定は先生個人で設けたルールのようなところがあり、学校独自の定期テストでは解答内容についての配点や採点方法にもばらつきがありますよね。
 
たしかに塾に通っていた頃は、「▲▲中の○○先生は、こういう問題の出し方をするから注意!」みたいな指導をされた記憶があります。

 
 

数学の解答方法について賛否両論あり!
<<次のページへ続く!>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る