『魔法がつかえるようになりたい』6歳の男の子の質問に、真摯に対応した図書館の優しさにほっこり♡

2016/5/27 | 6,102 PV |

可愛い・癒し

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

国立国会図書館と全国の各種図書館が運営する「レファレンス協同データベース」に収録された、蒲郡市立図書館の対応記録が話題になっています!

 

【レファレンス協同データベースって、なに?】
“レファレンス協同データベース(通称:レファ協)”とは、国会図書館と公共図書館、大学図書館、専門図書館等が利用者のレファレンス(照会)情報や、調べ方の事例などを各図書館で共有し、図書館司書の利用者サービスに役立てる目的で作られたデータベースのこと

 
 

『魔法がつかえるようになりたい』6歳の男の子からの質問

 

今年の2月、愛知県蒲郡市の蒲郡市立図書館のカウンターに、『魔法がつかえるようになりたい』という6歳の男の子とお母さんがやってきたそうです。

 

一見するとトンデモ質問のように感じますが、蒲郡市立図書館の司書さんの対応の記録がレファ協に事細かに記録として残されていました。

 

153551-1

出典 photoAC

 
 

事例作成日:2016年2月27日
質問:魔法がつかえるようになりたい。
回答:
『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』マルカム・バード∥作・絵 岡部 史∥訳 金の星社
『魔女・魔法使い大図鑑 魔女からの招待状』平林 知子∥文・絵 国土社
上記2点を貸出。

出典 レファレンス協同データベース

 
 

▼『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』
魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン

 
 

▼『魔女・魔法使い大図鑑 魔女からの招待状』
魔女・魔法使い大図鑑―魔女からの招待状

 
 

さらに、“レファ協”の『回答プロセス』には、この2冊の本を貸し出すまでの経緯が事細かに記載されていました。

 
 

図書館からの『回答プロセス』

1.児童室のカウンターにて男の子に「魔法の本ありますか?」と聞かれる。
詳しく聞くと、魔法が使えるようになりたいということらしい。
お母さんと一緒に来館。
お母さんもどう説明していいか困っているとのこと。
年齢は6歳。ちょっと難しい本でもがんばって読む、と言う。
 

出典 レファレンス協同データベース

 
 

『魔法を使えるようになるために、難しい本でも一生懸命読んで勉強する』という6歳児。
それだけでとーってもほほえましいお話しなのですが、
蒲郡市立図書館の司書さんの対応も、とってもほっこりしてしまうのです♡

 
 

<< 次のページへ続く >>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255857_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る