HOME

野生の動物には食べ物を与えないで!道路に住みつくようになってしまったキツネはその後…

2016/6/3 | 16,732 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

動物にエサを与えた経験は、誰しもが一度くらいはあることでしょう。
その中でも、道路などにいた野生の動物にエサを与えた方もいらっしゃるかと思います。

 

親切や動物を可愛がる心から、エサをあげているかとは思いますが、「野生動物にエサを与えるのはよくない」という事実をご存知でしょうか。

 

 

野生の動物にエサをやるその親切心は、時に悲しい事件を生むのです。

 
 

野生のキツネが車に轢かれてしまった・・

 
 

こちらの可愛いキツネは、この写真が撮られたのちに轢かれて死んでしまいました・・・。

 

野生の動物にエサをやると、このキツネのように食べ物にありつけると思った動物たちは道路付近に住んでしまうようなのです。

 

野生の動物は自然の中で暮らしており、食べ物も自らの力で入手します。
人間が介入することにより、自らで食べ物を見つけるという野生の能力を失ってしまうのです。

 

154585-1

出典 photoAC

 
 

親切心からエサを与えていると、なかなか気付きにくいのが現実です。
さらに、人間が野生の動物に「エサを与えてはいけない」理由はそれだけではありません。

 

野生の動物にエサを与えてはいけない理由とは・・。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る