超人気ロックバンド『エアロスミス』が解散の危機にまで発展した理由は、日本のあの食べ物だった…!

2016/6/1 | 18,315 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

“食べ物の恨みは怖い”という言葉もあるように、

大好物を奪われたりした時・・・

 

「この恨み・・・晴らさでおくべきかぁぁぁぁぁ!!!」

 

と、空腹だけでなく、煮えたぎる“はらわた”を落ちかせることも出来ず、ケンカが長引いた!ということもあるかもしれませんね。

 

その“食べ物への恨み”が理由で、あわや解散の危機に陥った有名バンドがあることを、みなさん知っていますか?

 
 

食べ物の恨みであわや解散危機!?有名海外バンドのエピソード

 

▼大御所バンド“エアロスミス”
640px-Aerosmith_B

出典 wikipedia

 
 

1973年にデビューし、メンバーの脱退・一時離脱などを経た今も、オリジナルメンバーで活動している、世界的に有名な人気ロックバンド“エアロスミス”

 

1979年から度々日本でもライブツアーを行っているエアロスミスのメンバーは、親日家としても有名です。
なかでも、ボーカルのスティーブン・タイラー日本のある食べ物をこよなく愛していて、その食べ物が原因であわやバンド解散の危機を迎えたことがあるんだとか!!

 

結成43年のエアロスミスに解散危機をもたらした、罪深い日本の食べ物とは一体何なのでしょうか?

 
 

<<続きは次のページで!>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

238177_ic2

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る