【まるで本物!】現代機器が1つの命を救った!火事で失ったカメの甲羅を3Dプリンターで復活

2016/6/5 | 19,229 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

これまでに様々な可能性を示し、平成の産業革命とまで言われた3Dプリンター。
さらに、新たな使い方が見いだされました。

 

それは命を救うことに繋がる使い方でもあります。

 

ブラジルで起こった山火事により甲羅の大部分を失ってしまった亀。
まずはその亀をご覧ください。
 

2 (47)

 
 

痛々しい姿のこの亀は、サンパウロのボランティアグループによって救い出されます。
そのグループは自らを「アニマル・アベンジャーズ」と名乗り、この亀を「フレディ」と名付けます。

 
 

アニマル・アベンジャーズは亀の甲羅を作り始めました

 

アベンジャーズのメンバーには獣医師・3Dデザイナー・歯科医師・アーティストがいます。
それぞれの力を合わせフレディの甲羅を作成します。

 

まず、獣医師と3Dデザイナーが甲羅のサイズを測り設計します。

 

そのデータを元に、甲羅を4つのパーツに分けて考えます。
5 (21)

 
 

そしていよいよ、3Dプリンターで甲羅を作成します。
6 (13)

 
 

真っ白な甲羅を作っていきます。
4 (20)

 
 

「3Dプリンターで作った甲羅を装着する」
そんな少し無謀にも思える試みは成功するのでしょうか。
アニマル・アベンジャーズの真価が問われます。

 

次のページで完成した様子をご覧ください。
果たしてフレディにしっかりとはまるのでしょうか・・。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

1232

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る