【掘削していたら人骨が…!】神奈川県・鎌倉市の建設地から“古墳時代の箱式石棺墓”が出土される!

2016/6/10 | 21,610 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

神奈川県鎌倉市で驚くべきものが発見されました。
海水浴場としても有名な由比ガ浜のこどもセンターで見つかったようです。

 

こどもセンターは2017年秋ごろから、認可保育所や子育て支援センター、障害児放課後余暇支援施設などの複合施設となる予定の場所でした。

 

21294356_8a8b101b3c_z (1)

出典 Flickr

 
 

なんと、その場所から古墳時代の埋葬方法の一種である箱式石棺墓が見つかったのです。

 
 

箱式石棺墓とは・・

 

箱式石棺墓は弥生時代から存在するそうですが、今回見つかったものは古墳時代のものだそうです。

 

縄文後期に青森・長野の遺跡で出現し、晩期に入ると東日本一帯に広まった。
弥生時代の箱式石棺は九州北部・中国西部を中心に前期から出現し、その後近畿を除く西日本に広く分布した。

 

甕棺など他の埋葬施設と群集して共同墓地を構成する。

 

古墳時代には古墳の埋葬施設として採用された。
ただし古墳時代のものを箱形石棺と呼ぶこともある。

 

引用 Wikipedia

 
 

今回発見された石棺は幅114cm、深さ45cmで、泥岩の自然石を四角く並べて作られていたようです。
また、石に形を整えた痕が見られたということ。

 

副葬品は見つかっていませんが、触れられた形跡もなく、元々なかったものと見られています。

 

鎌倉市役所秘書広報課さんの投稿 2016年6月7日

 
 

神奈川県の箱式石棺墓の出土は、横須賀市や三浦市など海浜部に集中しており、今回で13例目だそうです。
今後は、出土した人骨や石棺を専門家が詳しく調査していくそうです。

 

どうやら鎌倉市では、一般の方にも発掘現場を公開するようです。
次のページで、その詳細をご紹介いたします。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post222405_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

254526_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る