HOME

サッカー日本代表を夢みる黒人選手へサポーターが人種差別発言 それに対する選手の対応に称賛が集まる

2016/6/17 | 27,214 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

熱狂的なサポーターは味方を応援するだけでなく、時に敵を攻撃してしまいます。
それも人道的ではない形で・・。

 

6月11日に埼玉スタジアムで行われたサッカーJ1リーグ戦15節「浦和レッズvs鹿島アントラーズ」の試合後、決して許されない出来事がありました。

 

15240283183_1fed183722_z (1)

出典 Flickr

 
 

試合は、2-0で鹿島アントラーズが勝ちました。
その鹿島の選手の1人でもあるカイオ・ルーカス・フェルナンデス選手が、サポーターからとんでもない一言を放たれていました。

 
 

鹿島アントラーズで活躍するカイオ選手

 

ブラジル生まれのカイオ選手は、2011年に千葉国際高等学校に留学するため来日します。
そして、2014年に鹿島アントラーズに入団し、外国人選手としては史上初のベストヤングプレーヤー賞を受賞します。

 

そんな彼の夢の一つは、日本代表としてオリンピックに出場することです。

 

CdzGripUsAATVFu

出典 Twitter

 
 

今年の秋には「5年以上日本に住所を持つ」という日本の帰化条件を満たす予定です。
帰化すればカイオ選手は夢に大きく近づくのです。

 

そんなカイオ選手が浦和サポーターと思われる方から、人として許しがたい発言を受けたのです。
カイオ選手はすぐに反応を示し、自己の見解を示します。

 

一体カイオ選手はどのようなことを言われたのでしょうか。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る