HOME

死傷者100人を超えた全米史上最悪の乱射事件。被害者の心を癒すため、寄り添い続ける犬たちに感動

2016/6/20 | 9,151 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2016年6月12日、米・フロリダ州のオーランドで全米史上最悪といわれる乱射事件が起こりました。
セクシャル・マイノリティ(同性愛者や性同一性障害など)向けのナイトクラブが襲撃され、死傷者は100人を超えました。

 

事件から約1週間経過した今も、被害者や遺族たちは悲しみに暮れている状況です。

 
 

心の傷を癒す、セラピー犬たち

 

そうしたなか、全米から12頭以上のセラピー犬(コンフォートドッグ)が、被害者や遺族を癒すために現場へ派遣されました。

 
 

LCC K-9 Comfort Dogsさんの投稿 2016年6月13日

 
 

犬たちは、ワシントンを本拠地にした慈善団体「Lutheran Church Charities(LCC)」に所属する「confort K9」のメンバーで、悲惨な事件に巻き込まれた人たちに寄り添う訓練を受けています。

 
 

LCC K-9 Comfort Dogsさんの投稿 2016年6月13日

 
 

犬と触れ合うことで人間は血圧が下がり、リラックスした気持ちになります。
そうすることで被害者やその遺族、クラブのスタッフたちが自分の身に起こったことを、少しずつ話し始めるのです。

 
 

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る