女性なら隠したくなってしまう『妊娠線』を写した写真をあえて投稿したモデル。その理由に勇気をもらえる!

2016/6/26 | 15,459 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

妊娠後期ともなると、お腹ははち切れんばかりに大きくなります。

 

すると、気になりだすのは妊娠線!

 

k.kさん(@aconaco19950927)が投稿した写真

 
 

妊娠線ができやすいのは「下腹部」「脇腹」「乳房」などが一般的ですが、他にも「太もも」の妊娠線は産後に気付いて慌てるパターンも多いそうです。

 

 

妊娠線はなぜできる?ケアの方法は?

 

そもそも妊娠線は、妊娠中期頃に急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のことです。

 

妊娠線を予防するためには、真皮の保湿をし、ゆるやかに皮が伸びることができるようにすることが効果的。
 
「妊娠線ケア用クリーム」を使用するのが一般的ですが、よりリラクゼーション効果のある製油入りのアロマクリームを自作して使っているこだわり派さんもいるんだとか。

 

 
 

▼フェイスパックをお腹に貼る

この方法、最近結構メジャーになりつつあるようですよ!

 
 

もちろん、妊娠線は残ってしまっても、少し見た目が気になる程度で全く問題はありません。

しかし、この妊娠線が影響してしまうかもしれない職業があります。

それはモデルさんです。

 

とある海外のファッションモデルさんが、自身のお腹にくっきり刻まれた妊娠線を公開したことで話題になりました。

 
 

<<次のページへ続く>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る