HOME

参院選投票のときに要注意!「支持政党なし」と投票すると、ある政党に票が入ってしまう!

2016/6/25 | 58,592 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2014年12月の衆院選での20~24歳の投票率は29.72%でした。
これは、70~74歳に比べ40%も低い投票率となり、政治に関心を持たない若者が深刻な問題となっていました。

 

483776420_bb954fcd20_z (1)

出典 Flickr

 

そんなこともあり、選挙権は18歳まで引き下げられ、2016年6月19日より施行されているようです。
6月19日以降にある7月10日の「参院選」では、当たり前ですが18歳と19歳にも選挙権が与えられています。

 

そんな7月10日の選挙戦において、ある政党がネット上で大きな話題になっています。

 
 

「支持政党なし」という政党・・

 

なんと、政党の名前が「支持政党なし」。
今回の参院選では、佐野秀光代表と本藤昭子さん(九州地区代表)の2人が比例代表全国区に立候補しています。

 

Clenf1JUYAAAk-4

出典 Twitter

 

政党「支持政党なし」は、2014年の衆院選比例北海道ブロックで、社民党の約5万3千票を上回る約10万票を獲得したことが話題となりました。

 

ClenftdUgAAr7rU (1)

出典 Twitter

 

この政党名の盲点に気づきましたでしょうか。
どこの政党にも投票したくないから「支持なし」と記載すると、この政党に投票されてしまうようです。

 

2014年の北海道での選挙では、そういった投票がほとんどを占めていたのかもしれません。
次のページでは、この「支持政党なし」に対するネット上の声をご紹介します。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る