HOME

カフェで授乳する母親に罵声を浴びせる男性客。周囲の人々が撃退し解決するも、その授乳スタイルに賛否が

2016/7/1 | 16,863 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

乳幼児の育児中のママたちにとって、外出時の授乳は結構な悩みのタネ。
 
公共機関や屋外での母乳の授乳は、育児中の女性同士でも賛否が分かれる問題で・・・

 

授乳ケープをすれば問題なし!!
いや、でも周りの目が・・・
赤ちゃん泣かせ続けるより、周りに迷惑はかけていない
授乳スペースが無いところへは行けない

 

などなど、共に育児をしているという共通項がある間柄でも、様々な考え方があるのです。
 

zyunyu1

出典 photo AC

 
 

公共の場での授乳トラブルが頻発するアメリカ

 

国が変われば、授乳に対する考え方も変わります。

 

アメリカのいくつかの州では、州法によって公共の場での授乳を認めています。
「なぜ公共の場での授乳を、わざわざ法律で認めなければならないの?」と疑問を感じる方も多いと思いますが、そこにはアメリカの母乳育児にまつわる歴史が関係しているようです。

 
 

アメリカではかつて医師たちが粉ミルクを推奨し、粉ミルクの方が母乳よりも栄養価が高いと宣伝された時代がありました。

出典 公共の場での授乳トラブルが多発するアメリカ・カナダ

 
 

milk

出典 photo AC

 

アメリカで粉ミルク育児が浸透したもう一つの理由は、1960年代に起きた女性解放運動がきっかけともいわれているそうです。
 
女性の社会進出が進み、ワーキングマザーが増えれば、男性でも授乳ができる粉ミルクは非常に重宝されます。
そんな社会環境で母乳育児をする人は、「粉ミルクも買えない貧しい人だ」「野蛮な行為だ」というイメージが広まってしまったのです。

 

近年、WHO(世界保健機関)が母乳育児の啓蒙や推奨に力をいれるようになると、母乳育児の栄養面での誤解も解け、若い世代を中心に母乳育児への回帰が目立つようになってきました。

 

しかし、過去の母乳育児のマイナスイメージを払拭できない中高年以上の世代や一部の男性の中には、公共の場での授乳行為だけでなく、母乳を赤ちゃんに与えること自体にも嫌悪を感じる人が多いようです。

 
 

『気持ち悪いんだよ!』カフェで授乳する母親を罵倒する男

 

アメリカ・コネチカット州に住むジェシーさんは、ショッピングセンター内のカフェで赤ちゃんに授乳をしていたところ、突然見知らぬ男性から怒鳴られてしまいました。

 

cafe1

出典 Facebook

 
 

そんなこと(授乳)はどこかよそでやってくれないか?すげえ気持ち悪いんだよ!

 

その時、ジェシーさんは授乳の様子を隠すことなく、おっぱい丸出しで授乳していたのです。

 

自身の母乳育児に誇りをもっていたジェシーさんは、州法でも公共の場での授乳は認められていると主張をしたのですが、

 

あー気持ち悪い!あー気持ち悪い!おまえ、すげえ気持ち悪いんだよ!

 

男性はさらにジェシーさんを罵倒し続けます。

 

すると、異様な状況に気がついた周囲の人々が、ジェシーさんのために立ち上がったのです!!

 
 

<<次のページへ続く>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る