HOME

瀕死の状態だった飼い主の無事を喜ぶ犬と、神妙な面持ちの男性。徐々に明かされる事故の原因に胸が痛む…

2016/7/1 | 29,293 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

交通事故に遭い、瀕死の状態に陥ってしまった男性。
車の下敷きになり意識を失っているところを、犬が引っ張りだして助けます。

 

165565-3

 
 

犬が男性を救い出したあと、車は炎上。
その後も犬は、決して男性のそばから離れようとはしません。

 

165565-2

 
 

ようやく救急隊員が到着し、急ぎ病院へ運ばれた男性。
治療後もなかなか目を覚まさず、犬は心配そうにベッドを見上げます。

 

165565-6

 
 

なんとか一命を取りとめ、男性は目を覚ましました。
そして側にいた犬の存在に気づいた途端、ハッとした表情を見せたのです。

 

165565-1

 
 

その表情の裏に隠された、悲しい事実とは…
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る