HOME

鏡に映った姿は別物!日本人が作った原理が謎すぎてすごいと話題の錯視

2016/7/4 | 40,759 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

『錯視』とは、視覚の錯覚であり、止まっているものが動いて見えたり、同じ長さの線が違う長さに見えたり、直線が傾いて見える現象などを言います。

 

今回ご紹介するのは、工学者であり、明治大学大学院の教授『杉原厚吉』さんの映像作品です。
この作品は、ベスト・イリュージョン・オブ・ザ・イヤー・コンテスト(Best Illusion of the Year Contest)という、世界中の錯覚クリエイタ―が戦う祭典で準優勝を獲りました。

 

 
 

こちらの受賞動画では、鏡に映った円筒や直方体が、全く別のもののように見えるのです。

 

錯覚の魔術師

 

166689_2

出典 YouTube

 
 

??

166689_1

出典 YouTube

 
 

???

166689_4

出典 YouTube

 
 

どういうことなの??

166689_5

出典 YouTube

 
 

どうなっているんだ…!?

出典 YouTube

 
 

動画で見ると、余計に脳が混乱しますね。
一体どんな仕組みなのでしょう、次ページで解説動画をご紹介します!

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る