HOME

【女の秘めた欲】エッチの時はこんなふうにして欲しい。多くの女性に共通する本音4つ

2016/7/8 | 49,350 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

167443_1 (1)

出典 gatag

 

自分の彼女が自分とのセックスに満足しているかどうか、お悩みの方は少なくないでしょう。
不満を言われたことは無いけど本音はどう思っているんだろう?
どんな風にすればもっと楽しんでもらえるんだろう?
などとお悩みの方のために、女性の本音をこっそりお伝えします。

 
 

ムードが大事♡

女性はムードに弱いです。逆に唐突に迫られても、燃え上がるまでに時間がかかります。
抱き寄せたりしていちゃいちゃしたり、単に無言で髪をなでながら静かな雰囲気の映画を見る・・・なんていうのもいいでしょう。
お部屋の照明は、暗めにできるとより一層ステキです。

 
 

体には優しく触れる♡

これは大前提です。女性の体は、男性のそれと違ってとても繊細にできていますし、触覚も男性よりも敏感です。
そんなに強く触れていないつもりでも、女性からすると痛かったり、強過ぎて怖かったりするものです。
女性に触れるときは、そっと、泡を壊さないように触れるかのようなソフトタッチで。
盛り上がってくると、少しの痛みや激しく触れられるのを好む女性もいるので、そうお願いされたら少し力を入れて行くとよいでしょう。
でもまずはソフトタッチです!

 
 

濡れてるからといってすぐに挿入しない♡

下を触って濡れているのを確認すると、すぐに挿入する男性・・・少なくありません。
濡れている=準備万端ではありません。それまでにじっくりと気持ちよくしてもらえないと、挿入されても気持ちよくないんです。
折角濡れ始めていたのに、乾いてしまって、途中から痛くなることも有り得ます。
濡れてると気づいても、そこはまだまだ落ち着いて。ムードに酔うだけで、下は濡れては来ますが、それなりにボルテージを上げないと挿入って気持ちよくないんです。

 
 

早く動かすよりはゆっくりと♡

AVの見過ぎで、早く動かせば気持ちいいと思っている方も多いでしょう。
あとは、男性は絶頂を迎える為には早く動かすと手っ取り早いですよね。
でも女性は違います。早く動かされると痛いのです。
女性も、絶頂が近づくと早く動かされても平気なこともあるのですが、まずは指でいじるときも、挿入するときもマッサージをするような感覚で、彼女の反応を見ながら、ゆっくりとほぐすように動かしてください。
出し入れするよりは、中を押し上げるように動かすといいでしょう。
それなら早く動かされても、痛むことはありません。
寧ろあなたが彼女のイイトコを掴んでいれば、少し小刻みに動かしてあげると、喜ばれるでしょう。
 

お相手の好みにもよりますから、一概には言えませんが、まずはゆっくり丁寧に・・・が鉄則です。
激しいエッチがお好みの女性も、丁寧にされるのが嫌いなわけではないですから、ゆっくりと気持ちよくしてあげれば彼女の気持ちもほぐれて、あなたに素直にどうして欲しいかリクエストしてくれるようになるかもしれません♪
エッチにはお互いのコミュニケーションが大事ですから、そういう関係になれることが理想ですね♡

 
 

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

 

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない10の原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

 

元記事:「エッチの時はこんなふうにして欲しい。多くの女性に共通する本音4つ
配信元:ORETTE.jp
 
 

こちらもおすすめ☆

『本当はこうしたい・・・』女性が求める理想のSEX。素直に言えない願望とは?
女性の胸の大きさはパートナー次第で変わる!胸を大きくさせる4つのポイントを紹介!
「今夜はいいよ・・・♡」女子の無言のOKサインを読み取るべし!
”SEXの48手”をプロレス風に完全再現した映像がすごい!パートナーとお試しあれ♡

 
 

 
 

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る