「リンゴに言葉の暴力をあびせる授業」で、女性が子供たちに伝えたかったこととは

2016/7/9 | 23,172 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

イギリスのバームンガムにある一風変わったクラス「Relax Kids」
そこで行われている授業が、素晴らしいと話題になっています。

 

この「Relax Kids」では、自分をうまく表現できない繊細な子や、自閉症・鬱などの子どもが通っているそうです。

 

4513526769_cf8fe63117_z (1)

出典 Flickr

 

そこで行われた一風変わった授業とは、一体・・?

 
 

いじめとリンゴ・・一体どういった関係なのでしょうか

 

その授業のテーマは「イジメが生き物に与える影響」というものでした。
授業を行ったのは「Relax Kids」のコーチであるロージー・ダットンさん。

 

e

出典 Metro

 
 

彼女が授業に使ったのはフルーツの「リンゴ」でした。
いじめとリンゴ、どう結びつくというのでしょうか。

 

8626260902_94a1167b82_z (1)

出典 Flickr

 
 

リンゴを渡された生徒も、困惑している様子をみせたといいます。
ただでさえ繊細な子どもたち、先生の意図が理解できないと苛立ちを示します・・。

 

ロージーさんは、そんな子どもたちの表情に気づいていないかのように授業を続けます。
まず、リンゴを2つのグループに分けます。

 

4883046933_e592c48b3a_z (1)

出典 Flickr

 
 

そして、「この分けたリンゴの違いがわかる人?」と生徒たちに問います。
しかし、誰が見ても2つのグループに分けたそのリンゴに違いはありませんでした。

 
 

分けたリンゴにそれぞれ言葉を浴びせます

 

ロージーさんは生徒にある指示を出します。

 

すると生徒たちは、一方のリンゴに「存在にも気付かなかったわ」「虫でも湧いてるんじゃない?」といった罵声を浴びせ、もう一方のリンゴには「素晴らしい色艶だわ」「可愛らしいリンゴね」と褒めちぎります。

 

その後、子どもたちにそれぞれのリンゴを真ん中からカットさせます。
中から出てきたのは・・

 
 

Today in one of our classes I introduced the children to two apples (the children didn't know this, but before the class…

Relax Kids Tamworthさんの投稿 2016年6月21日

 
 

なんと罵倒した方のりんごの中身が、ボロボロに傷ついてしまっていたのです。
これには、子どもたちも大きな衝撃を受けます・・。

 

一体ロージーさんはこの授業で何を伝えたかったのでしょうか。
次のページでは、彼女の鋭い狙いを説明いたします。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る