HOME

「魅力をだすのに足は必要ない」生まれつき下半身のない女性モデルの言葉が胸に突き刺さる!

2016/7/9 | 21,438 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

人は必ずしも五体満足で生まれてくるとは限りません。
彼ら彼女らの生活は、健常者と比べどれだけ大変か想像することすらできません。

 

アメリカのロサンゼルス州に住むカンヤ・セッサーさんも五体満足ではない1人でした。
彼女には生まれつき下半身がありません。

 

legless-underwear-model

出典 nydailynews

 
 

まだ20代前半の彼女ですが、これまでに壮絶な体験をしてきたのです。

 
 

どんな逆境にも立ち向かうカンヤさん

 

生まれて下半身がなかったせいか、生後わずか1週間で路上に捨てられたそうです。
発見後すぐに、児童養護施設に入れられた彼女は、5歳の時にアメリカのオレゴン州に住む家族の元に養子として引き取られたそうです。

 

legless-underwear-model-3

出典 nydailynews

 
 

そこで、彼女は初めて家族の温かさやつながりを感じます。
自分の状況を悲観せずに、それからの彼女は持ち前の明るさで人生を切り開いていきます。

 

「綺麗さと五体満足であるかどうかは関係がない」そう思い始めた彼女はなんとモデル活動を始めます。
そして、15歳にしてスポーツブランドのモデルとして雑誌に取り上げられました。

 

legless-underwear-model-1

出典 nydailynews

 
 

その後の彼女の活躍は目覚しいものがありました。

 

次のページでは、カンヤさんの活躍とともに下半身のない彼女の言葉をご紹介します。
それは、五体満足でなかった彼女だからこそ気づいた素敵な言葉でした。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る