【これまじ?】水没したスマホを復活させる有効な手段が意外すぎ!

2016/7/9 | 16,828 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今やスマホは、私たちの生活に欠かせない存在となっています。
出先に持っていくのはもちろん、人によってはトイレやお風呂にまで同行をさせていますよね。

 
 

168104_1

出典 Photo AC

 
 

筆者の家人も、よく風呂場にスマホを持ちこんでおり、
「精密機械を水場に持って行くなんて、気が触れている」
と奇異な目で見ていましたが、調べてみると割と一般的なことのようですね。

 
 

水没の罠

先に言った通り、スマホは大変水に弱い精密機械です。
最近は各キャリアが『防水スマホ』なるものを出していますが、日本で普及しているスマホの66%はiPhone。もちろん水は天敵です。(※iPhone普及率40カ国中2年連続トップ)

 
 

 
 

iPhoneの次世代機は防水仕様になる…というウワサもあるようですが、それはそれとして『水没からスマホを救う方法』は知っておきたくありませんか?

 
 

水没スマホ救出法

まず、スマホを水没させたら以下のことに注意して下さい。

 

1.電源を入れない
2.充電をしない
3.なるべく動かさない、振るなんてもっての外

 

多分、水没したと気付いた瞬間に13を行って、瀕死のスマホにトドメを刺す人がほとんどなのでは?
これを踏まえた上で、対処法をご覧ください。

 

<生米の力>
現在一般的に普及している方法は『生米の中にスマホを入れる』という方法です。
アメリカやカナダではこれが常識で、米の力により数々のスマホが瀕死の状態から復活しているそうです。

 
 

(さすが我らがお米!アジアの誇り!)

 
 

方法はいたって簡単です。
まず水没したスマホを拭いて、ドライヤーや扇風機などで乾かします。
そして一合程度の量のお米と水没スマホをジップロックに入れ、しっかりと閉じます。(SIMカード、ケースは先に外しておきましょう)
そのまま数時間~数日放置すると、生米が水没iPhoneの湿気を吸い、運がよければ復活するそうです。

 
 

このように、国内外で水没スマホの救世主としてうたわれる生米ですが、実はこれ以上によく効く「ある方法」が存在するそうなのです。

 
 

生米より効く方法だと…!?

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

237887_ic2

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る