HOME

【都心からたった1時間】電車の扉が開いたら、目の前に海が広がる駅が最高の景色

2016/7/9 | 30,972 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

横浜の鶴見線の終点には、都会の側とは思えない秘境駅があります。

 

その駅の名は『海芝浦(うみしばうらえき)』
名前からして海感がすごいですよね。
鉄道マニアの間では有名なスポットらしく、ここから見える景色はそれは見事なものなのだそう。

 

 
 

 
 

まるで物語の世界ですね。
実はこの駅『改札から出られない』ことでも有名です。

Hidenori Tanakaさん(@hit_nk)が投稿した写真

 
 

『海芝浦駅』は、東芝の工場に直結しており、関係者しか立ち入ることができないのです。
駅の景色を楽しむことしかできませんが、むしろそれが目的に行く駅でもあります。

Aoi**さん(@_aoi_nsta)が投稿した写真

 
 

Keitaさん(@keita1962)が投稿した写真

 
 

他では見ることのできない風景に感動。

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る