「懐かしい!」工事中に営団地下鉄時代の神田駅が発掘され話題に

2016/7/12 | 15,587 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

神田駅の改修工事で、“古い”地下鉄神田駅が発見されたといいます。
東京都千代田区にある神田駅には、東京メトロの銀座線とJRの山手線、京浜東北線、中央線があります。

 

Ck5fTbCUoAAqTIh (1)

出典 Twitter

 

古い地下鉄神田駅とは、もちろん営団地下鉄時代のものです。
現在、23区の地下鉄は東京メトロと呼びますので、営団地下鉄という言葉も耳にしなくなりました。

 
 

営団地下鉄時代を少し振り返ってみましょう

 

営団地下鉄を経営していたのは、帝都高速度交通営団です。
帝都高速度交通営団には、1941年から2004年までの60年あまりの歴史があります。

 

日本や東京都が出資の鉄道事業者で通称『交通営団』と呼ばれていました。

 

こちらは、営団地下鉄の切符売り場。
Cgx4RwBUgAEChJ6

出典 Twitter

 
 

営団地下鉄時代の切符。
CjTqvB-UkAA-HXd

出典 Twitter

 
 

そして、営団地下鉄の車両です。
懐かしいと感じる方も、多いのではないでしょうか。
Cm9xDDRUsAAiqaS

出典 Twitter

 
 

さらには、シンボルマーク!
Cm6UymgUEAAesIH

出典 Twitter

 
 

営団地下鉄を振り返ったところで、工事で発掘されて話題となっている営団地下鉄時代の神田駅を次のページでご覧ください。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

238863_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る