654
2016/7/18 | 8,374 PV |

泣ける・感動

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

環境汚染で動物が消えた村のために、1万本もの木を植え続けた障がいを持つ2人の男性

「空気汚染がひどく数百メートル先が見えない」そんな状況が中国の北京にあります。
前が見えなくて、高速道路で33個もの車が追突する事故もありました。

 

CWT0v5iWIAA6U0v

出典 Twitter

 
 

「PM2.5」などの粒子状の物質が拡散し街が汚れ、マスクがないと外出できないという映画みたいな状況があります・・。
しかし、これといった有効な対策は見つかっていないのだそう。

 
 

視力のないハイキャさんと、腕のないウェンクイさん

 

そんな中国の河北省にあるイェリ村。
数十年前には、たくさんの動物たちが住んでいたといいます。

 

現在はその姿を見かけることもなく、採掘場の影響で灰色の雲と空気に包まれている村です。

 

17

 
 

そんな愛する故郷をなんとかしようと、村に住むウェンクイ・ジアさんと、ハイキャ・ジアさんが立ち上がりました。

 

2人は50年前からの親友同士です。

 

12

 
 

ウェンクイさんは、3歳の頃に高圧電流に触れ両腕を失くしました。
一方、ハイキャさんも採掘場での仕事中、爆発に巻き込まれ両目の視力を失ったのです。

 

その時、自殺しようかと考えるほど落ち込んでいたハイキャさんに、ウェンクイさんはこう言葉をかけます。

 

君が僕の腕となり、僕が君の目になる。

 

これから僕たちになにができるのか、一緒に考えよう。
できることは多くないけど、生きているということは目的があることだ

 

18

 
 

そして、2人は村のためにある行動に出ます。
それぞれ、両目・両腕を失った彼らが始めたこととは何だったのでしょうか。

 

次のページで、彼らの活動をご覧ください。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post230015_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228841_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る