ニュージーランドの秘境「ワイトモ洞窟」が神秘的で美しい(画像6枚)

2016/7/19 | 3,744 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ワイトモ洞窟は、ニュージーランド北島ワイカト地方にある鍾乳洞です。
観光スポットとして非常に人気があり、世界中から多くの観光客が集まります。

 

洞窟は、約3400万年前~2300万年前の石灰岩でできています。
ワイトモという名前は、マオリ族の言葉で『ワイ=水』『トモ=石灰洞窟』という意味なのだそうです。

 
 

 
 

ワイトモ洞窟には、ツチボタル(ヒカリキノコバエの幼虫)が生息しています。
オーストラリア東海岸、ニュージーランドなどにしか生息していないため、この光景は限られた地域でしか見られないということですね。

 
 

出典 YouTube

 
 

観光客が目当てにする神秘的な光景は、幼虫が他の虫を捕食するための粘液でできています。
粘液の長さは時に40cmにもなるそうです。

 

ツチボタルは、ルシフェリンによって暗闇で青白い光を発し、虫をおびき寄せて絡め取ります。
ちなみに、成虫には口がなく、産卵後に死んでしまいます。カイコと同じですね。

 
 

次ページで写真をご覧ください。

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

black_top_last-616x9221

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る