HOME

【訃報】昭和の名司会者・大橋巨泉さん 急性呼吸不全で死去 82歳

2016/7/20 | 4,629 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

放送作家、テレビ番組の司会者、一時は政治家としても活躍した大橋巨泉さん。
機転の効いたコメントに、深い教養を感じさせる評論とさまざまな分野で高い評価を受けていました。

 

毎週土曜日に放送していた『クイズダービー』を、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

 

CnxSbDWVUAAEXFo

出典 Twitter

 
 

その司会でもあった大橋巨泉さんは、7月12日の午後9時29分に千葉県内にある病院で、急性呼吸不全のため亡くなっていました。

 

82歳でその生涯を閉じられたようです。

 
 

体力の限界が来ていたという大橋巨泉さん

 

3月27日に入院し、4月5日に退院、4月11日に再び緊急入院するなど容態が安定しませんでした。

 

5月下旬には集中治療室に入ったそうですが、その約1ヶ月には「体力の限界だ」と周囲に漏らしていたといいます。

 

CnxDlIhUkAA9bXA

出典 Twitter

 
 

2005年に胃がんの手術を受けましたが、2014年には肺と食道の間のリンパ節から新たながんが見つかりました。

 

22年にわたって連載していた雑誌のコラムの最終回にも、「ボクにはこれ以上の体力も気力もありません」と記していたといいます。

 

ネット上でも、訃報を聞いたユーザーが反応を示しています。

 

 

 

 
 

その素晴らしい人格に多くの人が影響を受けたことでしょう。
大橋巨泉さんは、昭和を代表する人物といっても過言ではありません。

 

永六輔さんに続き、また惜しい人を亡くしてまったようです。
心からのご冥福をお祈りいたします。

 
 

【併せて読みたい】

永六輔が、小6女子「好きな人に告白する言葉を教えて」に返した内容が話題に
水木しげるが掲げた幸福論『幸せになるための七ヶ条』に共感する人が続出!
【妖怪の世界へ行ってらっしゃい】水木しげる先生が生前に残した名言集にじんと来る
70年代ディスコを熱くした「アース・ウィンド&ファイアー」のモーリス・ホワイトさん死去

 
 

クイズダービー 巨泉の最終回

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る