大迫力の三尺玉を連発する『長岡大花火大会』のスケールがデカすぎる!(画像10枚)

2016/7/21 | 20,417 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

『長岡大花火大会』は8月2、3日に、信濃川の河川敷で行われます。
片貝まつり浅原神社秋季大祭奉納煙と、ぎおん柏崎まつり海の花火大会と併せて越後三大花火と呼ばれています。
日本三大花火大会の一つでもありますが、他の大会とは違い、自然災害などの慰霊、復興を現すための花火大会なのだそうです。

 
 

 
 

この花火大会で注目すべきなのは、都内などで上げられない規模の花火がどんどん上がるところです。
名物の「正三尺玉」が3連発で打ち上げられるのですが、打ち上げ場所に近い長生橋上流からの観覧が人気だそう。
全長約2kmにもなる復興祈願花火「フェニックス」や、全長650mの「ナイアガラ」などが目玉であり、圧倒的なスケールを楽しむことができます。

 
 

写真は次ページでご覧下さい。

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

238177_ic2

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る