HOME

子供の夏休みの大量の宿題は、「させること」ではなく『意欲を引き出すこと』が重要だった!

2016/7/26 | 6,676 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

梅雨明けを待たずに、いよいよ夏休みに突入した小中学生!!

 

さっそく羽を伸ばしてゴロゴロしたり、好きな遊びに夢中になっているお子さんも多いことでしょう。

 

でも、楽しいことだけじゃないのが夏休み・・・
結構な量の宿題が出されているのではないでしょうか???

 
 

syukudai1

出典 photoAC

 
 

長期休暇の中でも夏休みの宿題の量はダントツのボリュームで、ドリルだけでなく自由研究や読書感想文、工作や日記などなど、計画的にこなさなければ安心して新学期を迎えることができないほどのものです。

 

ともなると、親としては「早いうちから計画的に宿題を進めていってほしい(できれば言われる前に)」と思うのは当然ですよね。
ぜんぜん宿題に対するやる気を見せない子供に対し、毎日のように雷を落としまくる生活は、親にも子供にも負担がかかってしまいます。

 
 

▼宿題しないで困るのは親じゃなくて子供自身なのです!!

 

 

 

ついつい「宿題をさせなければ」というところにだけ目が行きがちですが、宿題する意欲を引き出して高めることが、子供にとっても最善の環境といえますよね。

 
 

次のページで、子供のやる気を引き出すコツをご紹介したいと思います!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る