散髪台に座るのが怖い自閉症の男の子のために衝撃の行動に出た美容師に、世界中が称賛!

2016/7/30 | 24,931 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

お子様をお持ちの方であれば、子供が小さい時に散髪を嫌がって切らせてくれない経験は一度はあるのではないでしょうか?
赤ちゃんのころは大人しく切らせてくれていても、2歳頃になり物事の分別が付いてくるようになると、それと同時にだんだん嫌がるようになってきます。
それは、髪の毛を引っ張られたり、ハサミでチョキチョキと切られる時の音が、不安感や恐怖感を与えるからなのです。
 
今回ご紹介する男の子も、散髪が苦手のようでした。

 
 

散髪がトラウマの、アスペルガー症候群の男の子

 

散髪が大嫌いなのは、イギリス在住のデニンさんの4歳の可愛い息子、メイソン君。
 
1歳半の時に理髪店で髪を切ってもらったときのこと。
ハサミが耳に当たってしまったことがトラウマとなり、それ以来髪を切らせてくれなくなってしまいました。

 

2

出典 Daily Mail

 
 

実はメイソン君は、数ヶ月前に自閉症の一種でもある「アスペルガー症候群」と診断されていました。
 

アスペルガー症候群(ASD)とは

 

アスペルガー症候群(ASD)については下記リンク先をご参照ください。

 

アスペルガー症候群(ASD)とは/dditoguchi

 

こういった症状を持つ多くの人は、自分のテリトリーに侵入されたり、自分の世界を乱されることに恐怖心を覚えます。
なので、自分の頭や耳を触られることもとても怖がってしまうのです。

 

知り合いの美容院へ連れて行っても、母親のデニンさんが隣に座ろうとしても、メイソン君は絶対に椅子に座ることはありませんでした。
伸びきってしまった髪の毛をどうしたものかと、デニンさんは悩んでいました。

 

すると、ある日彼女はこんな噂を耳にします。

 

「子供の扱いが上手な美容師さんがいるよ」

 

さっそく、イギリスはウェールズ地方にある美容院「Jim the Trim」のオーナー、ジェイムズ・ウィリアムズさんの元へと、希望を胸に抱いて向かうことにしました。

 

James Williamsさんの投稿 2016年5月31日

 
 

しかし、そこで起きたこととは、いつもと同じ展開!

 
美容院の散髪台に座るのを、大号泣しながら嫌がるメイソン君と、必死にあやすデニンさん。
美容師のジェイムスさんも、隣で仲良くなろうと話しかけます。
 
しかし、髪を触らせてもらえないどころか、そっぽを向いてしまい、話そうともしないメイソン君。
 
終いには床に横になって、携帯で遊び始めてしまいました。

 

This photo is amazing so happy with loving life ✊

James Williamsさんの投稿 2015年11月8日

 
 

その日は諦めることにしたデニンさんでしたが、なんとかしてメイソン君とジェイムスさんの距離を縮めようと、ジェイムスさんの元を何度も訪ねました。
しかし、状況は全く変わりません。

 

すると、諦めかけていたデニンさんを横目に、ジェイムスさんはあることを思いついたのです。

 
 

ジェイムスさんがとった行動とは・・・
続きは次のページで

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る