肌を露出がタブーな時代に『日本初のヌードポスター』を引き受けた女性のその後に考えさせられる

2016/8/6 | 57,677 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2014年に放送されたNHKの連続テレビ小説「マッサン」
それをきっかけに注目されるようになったあるポスター。

 

そのポスターには、女優やグラビアアイドルとして活躍する柳ゆり菜さんが写っています。

 

 
 

このポスターに関して、NHKに問い合わせが殺到したのだとか・・。
そんな話題を呼んだポスターには、モデルになっているものがあったのです。

 
 

日本初のヌードポスターの誕生

 

上記のポスターの元は、ぶどう酒「赤玉ポートワイン」宣伝のポスターです。
今でも酒屋さんなどで時々見かけることがあります。

 

 
 

このポスターは日本初のヌードポスターだといいます。
1922年に制作されたもので、当時は女性が人前で肌を露出するなど考えられない時代だったそうです。

 

モデルを引き受けた女性は新劇の女優・松島栄美子さんでした。
しかし、このポスターの仕事を引き受けたことにより、彼女の人生は一変してしまいます。

 

その後の彼女の壮絶な人生とは・・・?

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

239032_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る