1
2014/11/16 | 18,653 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

発達障害の子供への『声掛け変換表』が、子育てにも使えるとネットで話題に!

発達障害の子どもへの話し方を、変換表としてまとめた1枚の画像が、どんな相手にでも使えて便利だとネットで話題になっていました。

 

発達障害の主な特徴

・基本的に人を疑う事を知らない。

・誰かを騙したり高度な嘘がつけない。

・言われたことを全部素直に受け取る。

・自分の興味があることはとことん追求する。

・何事も適当にできない。

・一般的に対人コミュニケーションが苦手。

出典 naver

 

幼少時の一般的な特徴

・発育が遅い。もしくは早い。

・すぐに”かんしゃく”をおこす。

・変にこだわりが強い。

・自分から声をかけて友達を作れない。

・一人で遊ぶことが多い。

・落ち着きがなくジッとしていられない。

・部屋の片づけが出来ない。

・忘れ物が多い。

・チック症状がある。

出典 naver

原因は、遺伝による脳の構造の違いからくる発達障害の可能性が高いそうです。

 

話題となっている変換表

2

出典 blog.goo.ne.jp

この表は、発達障害の子どもへの声かけをする際に注意する言い回しをまとめたものです。

 

発達障害の人は言葉の微妙な意味が理解できなかったり、相手の感情を察することができ無い時があるので、自分の意思を優しく、分かりやすく明確に伝える必要があります。

出典 grapee.jp

これは、発達障害の子どもに対してだけでなく、子どものとのコミュニケーションにおいて、言葉の変換はとても大切なことだと共感する”お母さん”が多いそうです。

 

ネット民の反応は

 

 

発達障害の子供への『声かけ変換表』に、多くの人が『反省させられる』と話題 – grape -「心」に響く動画メディア

良くも悪くも、ものは言いようだなー。

2014/07/09 21:21

 

 

発達障害の子供への『声かけ変換表』に、多くの人が『反省させられる』と話題 – grape -「心」に響く動画メディア

全ての人間に有効なマネージメントスキル。

2014/07/10 09:15


自分の言葉がちゃんと子どもに伝わっているのか、考えさせられる変換表に納得の声が多いようです。

この変換表をみて、子どもに対しての話し方をもう1度考え直してみると、子どもとの関係に変化が期待できそうですね(*^_^*)

見出し画像引用元 b.hatena.ne.jp

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

108186_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る