【71回目の終戦記念日】戦没者追悼式で反省の意を述べられた天皇陛下のお言葉(全文)

2016/8/15 | 4,860 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

終戦から71年を迎えた本日8月15日、政府主催の全国戦没者追悼式が、東京の日本武道館で行われました。
追悼式には、戦争で死亡した軍人らの遺族5100人をはじめ、天皇皇后両陛下、安倍総理などが出席しました。

 

天皇陛下は、正午の黙とうを捧げた後、次のように述べられました。

 
 

天皇陛下のお言葉 全文

 本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
 終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。
 ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

 
 

181509_1

出典 YouTube

 
 

天皇陛下が生前退位に対するお気持ちの表明後、多くの人々の前にお姿をお見せになるのは初めてです。
追悼式のお言葉は天皇陛下が自ら執筆なさっており、今年も「さきの大戦に対する深い反省」を中心に述べられました。
天皇、皇后両陛下は昨年にパラオで、そして今年1月にフィリピンを訪れ、日比双方の戦没者を慰霊していらっしゃいます。

 
 

国際情勢の変化に伴い、我々国民の中でも、戦争に関する関心が高まっています。
多くの命を失った過去を思い返し、今一度、平和について考えましょう。
 
 

<関連記事はこちら>

 
 

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

240523_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る