「ダウン症の方へ勇気を!」スーパーモデルにまで上りつめた18歳の少女の努力と成功体験に感動

2016/8/26 | 27,763 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

皆さんは「スーパーモデル」と聞いて、どんな女性を思い描くでしょうか?
 
バービー人形のようなスリムですらっとしたボディに、小さな顔、大きな目、美しいくびれや長い美脚を想像する人も多いと思います。
また、『美の基準』は世界各国で異なることもあり、日本ではコンプレックスだった部分が違う国では美人だと歓迎されることもあります。
 
そんな世界各国には、生まれ持った欠点や様々な経歴を重ね夢を叶えるモデルさん達がいます。
 

モデル業を勤めるオーストラリア人の18歳の女性、マデリン・スチュアートさんもその一人です。

 

Check out Miss Moxie awesome magazine with phenomenal taste in cover girls lol #lovinglife #inclusion Cici Zeits Photography

Madeline Stuartさんの投稿 2016年8月16日

 
 

生まれつきのダウン症候群を持ち、また先天性心疾患を患うマデリンさん。
 
その事が発覚した父は、マデリンさんが生後4ヶ月の時に出て行ってしまいました。
それ以来、母のロザンヌさんがシングルマザーとしてマデリンさんを育ててきました。

 

 
 

母のロザンヌさんの懸命な育児によってマデリンさんはすくすくと育っていき、元気な女の子へと成長していきました。
そんな彼女が大好きだったことは、水泳とダンス。
そして、食べること!!

 

ついつい食べ過ぎてしまうマデリンさんはみるみるうちにふくよかな体へと変化していってしまいました。
彼女は、そんな太った体型のせいで体重が重く感じるようになり、思うように体が動かなくて悩んでいました。
 

痩せたいと思う気持ちはだんだんと強くなり、一念発起して母のロザンヌさんの協力の元、ダイエットを始めることにしました。

 

Good Friday
With a Good Trainer
Equal a Good work out
And makes me
A Good super Model.
Lol happy easter everyone.
With Gents Guides

Madeline Stuartさんの投稿 2016年3月24日

 
 

しかし、食欲旺盛で育ち盛りの彼女にとって、ダイエットは想像以上にきついものでした。
 
食生活を根本的に見直すようにし、ジャンクフードやお菓子など食事制限を始めたり、水泳やダンス、さらにはジムに週5回通居続けました。
そんな生活を続けて2ヶ月後。

 

なんと、20kgの減量に成功したのです!

 

ダイエットに成功したマデリーンは自信を持ち、美しさに興味が出始めました。

そして母のロザンヌさんにこう、宣言しました。

 

「わたし、モデルになる!」

 

 
 

ダウン症の自分がモデルとして活躍すれば、今までと違った「自分らしい美しさ」で、ダウン症への理解を広めることができると考えたのです。
その日以来、今まで以上に努力を続けたマデリーンさん。
そして、Facebook上に20キロ減量をしたビフォーアフターの写真を投稿しました。

 
 

1

出典 PATY CANTU

 
 

すると、そのビフォーアフターの写真の投稿によって、誰も予想しなかった事態になったのです・・・!

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

239900_eye

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る