HOME

高須院長が銅メダルを獲得したナイジェリアに4000万円近くのボーナスを手渡し!

2016/8/22 | 27,756 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

準々決勝デンマーク戦のボイコットを計画したナイジェリアのサッカー代表チーム。
選手や監督は、直前の合宿の滞在費や移動費を自腹で支払っていたといいます。

 

そのニュースを聞きつけ、ナイジェリアの窮地を救ったのは『高須クリニック』の高須院長でした。支援金20万ドル(約2000万円)を渡し、ナイジェリアはデンマーク戦をボイコットすることなく、2-0で見事に勝利を収めたのです。

 

 
 

さらに高須院長は、もしナイジェリアが金メダルを取ったら各選手に300万円、銀メダルであれば200万円、銅メダルであれば100万円と、さらなるボーナスを渡すことを宣言していました。

 

でもなぜ高須院長がそこまでして大金を支払おうとしたのか・・・?
以前紹介した記事に記載しておりますのでご覧ください。

資金難に陥ったナイジェリア代表の窮地を救った高須院長の粋な対応

 
 

メダル獲得に奮起するナイジェリアの代表チーム

 

準々決勝でデンマークを破ったナイジェリアは、準決勝ではドイツとあたりました。
残念ながらドイツには0-2と敗れてしまったようです。

 

しかし、まだメダルのチャンスがなくなったわけではありません。
3位決定戦に挑んだナイジェリア、対戦相手はホンジュラスでした。

 

 
 

この試合には、高須院長も駆けつけ支援金を渡したナイジェリアチームを激励します。
どうやら高須院長自らツイッターを使って、試合経過の報告をしていた模様です。

 

ナイジェリアはこの試合に勝利し、高須院長からのボーナスをもらえるのでしょうか。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る