HOME

【とっさの機転が起こした救出劇!】誘拐された3歳児を救ったのは、バス運転手のある行動だった!

2016/9/3 | 10,116 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

アメリカでは、年間に80万人近くの18歳未満の子供たちが行方不明となっているようです。
 
その中でも、毎年約46万人、一日に置き換えると約1300人もの幼児が行方不明となり、深刻な問題となっています。
そんな幼児誘拐事件に遭遇したあるバスの運転手の話が話題を呼んでいます。

 
 

あるバスの運転手のもとに届いた、児童誘拐の緊急速報

 

アメリカはカリフォルニア州ミルピタスで、バス運転手として働くティム・ワトソンさんは、当時IT企業が集まることで有名なシリコンバレーエリアを担当していました。
 
2015年6月5日、終点駅で休憩をとっていたティムさんの元へ、子供を連れた黒人男性がやってきました。
どうやら、ティムさんのバスを待っているようです。
発車時間となり、子ども連れの男性はバスに乗車し、定刻通りに出発しました。

 

5

出典 YouTube

 
 

出発後、一番後ろの席に座らされた男の子が泣いていました。
 
その様子を見たティムさんは、直感的に嫌な予感がしました。
その予感は的中するかのように、バスが発車し15分ほど経ったとき、会社の運行管理センターからティムさんの元へアンバーアラート(緊急速報)が届きました。

 

【アンバーアラートとは】
誘拐事件及び行方不明事件が発生した際に、テレビやラジオ、携帯端末、道路上に設置された電光掲示板などの多種多様のメディアを使い、地域住人に知らせる、アメリカやカナダで導入されているシステムです。
アンバーアラートは各州や自治体が管理していますが、その運用や規則は管理主体によって異なります。
また、個人のスマートフォンにも届き、高速道路などにも表示されます。

 

12

出典 CBS Chicago

 
 

アンバーアラートは、幼ない男の子の連れ去り事件が起きたという内容でした。
 
その男の子は、サンフランシスコ州ミルピタス市の公立図書館に母親と訪れていました。
すると、母親が一瞬目を離した隙に、男の子はどこかへ行ってしまったのです。
 
犯人の情報は、20代前半の黒人男性で、黒いフードつきのトレーナーにジーンズを身にまとっているとのこと。
連れ去られた男の子は3歳で、紺色のシャツに青いズボン、赤いクロックスを身につけているとの情報でした。

 

9

出典 YouTube

 
 

なんと、その誘拐された男の子の容姿は、ティムさんのバスに乗ってきた、涙を浮かべ怯えた様子の男の子とそっくりだったのです・・・!
 
しかし、その男の子だと断言できる確証はありません。
 
さらに、子供は青いシャツを着ていることは確認できましたが、ティムさんの座っている運転席からは、履いている靴の色までは確認できませんでした。
そこで、男の子の靴をチェックし、無事保護するために、ティムさんはある計画を立てます。

 

13

出典 YouTube

 
 

ティムさんが思いついた計画は次のページ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る