HOME

ある飲食店のオーナーがゴミ箱の残飯を漁ったホームレスに対して綴った張り紙に感動

2016/10/2 | 17,273 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「何の見返りも求めず知らない人に優しくする」これはかなり難しいことです。
誰かに優しくした場合、人は心のどこかで見返りを求めてしまうもの。

 

それが行き過ぎると、「返さない相手は失礼だ」と批判してしまうこともあります。

 

4045459723_b62e5dd31f_z-1

出典 Flickr

 
 

アメリカのオクラホマ州に、何の見返りも求めずに行動できる アシュリー・ジロンさんという女性がいました。

 

彼女は「P.B. Jams」という飲食店を経営しています。
そんな彼女の素晴らしい行動がネット上で大きな話題になっているようです。

 
 

ゴミ箱の残飯を漁る人々

 

ある日、ジロンさんは自分の店の裏にあるゴミ箱が荒らされているのを発見しました。

 

どうやら廃棄された残飯をだれかが持ち出しているようです。
ジロンさんは引き裂かれた袋を見て、心がいたたまれなくなったといいます。

 

7559471812_5b078b1860_z-1

出典 Flickr

 
 

・・・ゴミ箱が荒らされているのを見た彼女は、お店に“ある張り紙”をしました。
そこには何の他意もない優しさに溢れる言葉が書かれていました。

 

張り紙には、一体なんと書かれていたのでしょうか?

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る