6年間小屋に監禁されていた犬 保護され伸びた毛をカットすると「スッキリだワン♪」な表情に

2016/9/15 | 25,883 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

アメリカで、6年間ずっと小屋に監禁されていた犬が発見されました。
その子はグレート・ピレニーズという犬種の「ザラロ」。

 

飼い主さんが末期の病気だったこともあり、最低限のお世話しかされていなかったのです。

 

Amanda Brooke Charsha-Lindseyさんの投稿 2016年9月4日

 
 

白いはずの毛は汚れて伸びっぱなし。
一目見ただけでは、まさかこの子が犬だなんて思いもしないでしょう…

 

動物愛護団体がザラロを保護したとき、彼は普通に歩くことすらできない状態だったそうです。

 

Amanda Brooke Charsha-Lindseyさんの投稿 2016年9月4日

 
 

ラザロの風貌を見るからに、彼が過ごしていた環境がどれだけ劣悪だったのか容易に想像できます。

 

無事に救出されたザラロは、伸び放題だった毛をカットしてもらいました。
すると、とても同じ犬とは思えないくらい可愛らしい姿になったのです♪

 
 

実際の写真はこちらでご覧ください。
次のページ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
126904-9 (1)

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

240291_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る