1万人の抗議デモを止めようとする少年の主張「憎しみは嫌いだ」に考えさせられる

2016/9/14 | 6,110 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2013年に、世界で14ヵ国目となる同性婚の合法化がフランスで成立しました。
ヨーロッパでは、オランダ・ベルギー・デンマークなど多くの国が同性婚を認めています。

 

メキシコも同姓婚合法化に向け動いており、エンリケ・ペニャニエト大統領は憲法の改正案に署名したそうです。

 

9085212846_3cb274caea_z

出典 Flickr

 
 

憲法の改正には、賛成・反対の意見がつきもの。
この件でも、同姓婚に反対する人々が国内のあちこちで抗議行動を起こしているそうです。

 

そんな中、ある地域でのデモ行進が大きな注目を浴びています。

 
 

同性婚合法化に反対するデモ行進

 

話題となっているデモ行進は、メキシコのセラヤで行われていました。
そのパレードには、1万人を超える人々が参加したそうです。

 

そこで信じられない光景が見られました。

 

gsds

出典 YouTube

 
 

デモ行進を食い止めようと、なんと1人の少年が群衆の前に立ちはだかっていたのだそう。
メキシコのジャーナリスト、マニュエル・ロドリゲス氏がその瞬間をカメラに収めていました。

 

そのすさまじい状況の写真をご覧ください。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
tamago-pack (1)

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る