HOME

外国人YouTuberが「日本でのタレント活動をやめた理由」からテレビ業界の現状を知る・・・。

2016/9/16 | 25,604 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今や職業と言ってもおかしくはないYouTuber。
17歳のときに来日したミカエラさんも、そんなYouTuberの一人で日本での暮らしを紹介する動画を投稿しています。

 

そのチャンネルの登録数は約27万人と、たくさんの人の楽しみとなっているのです。

 

 
 

彼女は、その人気から一時は芸能事務所にも所属し、バラエティ番組にも出演していました。
しかし、昨年から日本におけるタレント活動をやめてしまったというのです。

 

そこには、考えさせられる“ある深い理由”がありました。

 
 

ギャラがなかったミカエラさん

 

なんと、「宣伝になるから」という理由からギャラはもらえてなかったと言います。
密着取材やVTR、インタビューなどたくさんあったそうですが、一切のお金をもらっていなかったのだそうです。

 

okokgd

 
 

当時、ミカエラさんは英会話教室で働いていたそうで、テレビ出演のために授業を減らさなければならず、苦労したといいます。
逆にテレビ側から「ツイッターやYouTubeで番組を宣伝してね!」とも言われたそうです。

 

そんな状況を知って、ミカエラさんはこう言います。

 

kod

 
 

kokoko

 
 

テレビ局は、報酬もなく、ミカエラさんがこれまで頑張って作り上げてきたものを簡単に利用しようとしている訳です。
また、テレビでブログやYouTubeが取り上げられたとしても、そこまで視聴数などは変わりなかったといいます。

 
 

やらせを強要された

 

ミカエラさんがタレントを辞めた理由として、強要される「キャラ作り」が嫌だったというのもあるそうです。

 

とある番組でコンビニを紹介したことがあったミカエラさん、日本在住歴の長い彼女にとって、コンビニは日常にある当たり前のものでした。

 

しかし、撮影中にディレクターに「笑顔で!元気で!もっと興奮してて!」などとキャラ作りを要求され続けたといいます。

 

そして、やらせのリアクションを強要されたミカエラさんは、実際に放送された番組を見て絶句します。

 

koejrog

 
 

「ミカエラさんにとって日本のコンビニは遊園地みたいなもの」と、本当に自分が感じたこととは関係のない編集がされていたのです。

 

この番組を見たチャンネルの登録者からも、「ミカエラさん、こんな人物じゃなかった気が」「性格変わりましたね」といったコメントが寄せられたのです。

 

自分のキャラが勝手にテレビの思い通りのイメージに変えられていたのです。

 

kogkore

 
 

街中で「テレビで見ました」と声をかけられても、「テレビが決めたキャラが好きなのか、私が好きなのか」と悩んで落ち込むこともあったそう・・・。

 

ミカエラさんがタレントを辞めた理由は他にもありました。
それは、テレビ出演をしている多くの人が感じていることかもしれません。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る