HOME

台風16号が再上陸した和歌山で撮影された『台風の隙間』を感じた写真が凄すぎる(3枚)

2016/9/21 | 21,234 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

非常に強い台風16号は、17日に沖縄を通過し、20日0時過ぎに鹿児島へ上陸。
九州・四国は記録的大雨となり、大きな被害をもたらしました。
その後20日の午後に和歌山へ再上陸。
そして、20日21時ごろ台風16号は東海道沖で温帯低気圧へと変わったそうです。

 
 

台風16号、その勢力と被害は・・・?

 

196816_1

出典 日本気象協会 tenki.jp

 
20府県で被害のあった台風16号。
9月21日現在、務省消防庁などのまとめで、2人が死亡、8人が重傷、28人が軽傷ということがわかりました。
また住宅被害も多く、半壊が2棟、一部破損84棟、床上・床下浸水は合わせて178棟にものぼります。
 

ネット上にも多く被害の声があげられました。

 

 

 

このように、日本に大きな爪痕を残した台風16号。
なんとその台風16号が和歌山に再上陸した際に撮影された写真が、あまりにも凄いと話題を呼んでいます。

 

いったいどんな写真なのか、「殺人的な景色だった」「台風の隙間を見た気がする」との声が寄せられているその光景は次のページで。

 

次のページはこちら!
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る