我が子を思う母の愛が生んだ『歩行介助器具』 親子が二人三脚で歩く姿に感動

2016/9/24 | 10,228 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

我が子を思う母親の愛が生みだした『歩行介助器具』が海外で普及し始めていることをご存知でしょうか。
彼女は、脳性小児麻痺で歩けない息子を「なんとか歩かせてあげたい」という想いから足が不自由な子供達の歩行をサポートする器具「Upsee」を開発しました。

 
 

 
 

使い方は、大人の身体に付けるベルトと子供用のハーネスを繋ぐ事で固定しています。
連結しているのは下半身の身なので少し派手に動いても大丈夫なようになっています。

 

母親の愛から生まれた『歩行介助器具』

開発したのはDebby Elnatanさん。
彼女の息子は脳性麻痺によって車椅子生活が日常でした。
ある日・・・お医者さんから「彼は足の感覚がないんです。なので足が歩く為のものとも知らないんです。」と告げられたのです。
可哀そうだと落ち込むばかりでしたが、「なんとか歩かせてあげたい」という想いから『歩行介助器具』を作りだしました。

 
 

実際に使った子供達の喜んだ表情がたまらないです。

 

次のページをご覧ください。
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

238560__ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る