川島なお美さん一周忌に公開された『直筆の遺言』に残された願いとは・・・

2016/9/26 | 28,401 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

女子大生タレントとしての先駆者、大人の色気を持つセクシー女優としても大活躍していた川島なお美さん。

 

昨年2015年の9月24日に胆管がんのため、若くして亡くなりました。
そんな川島さんの一周忌に遺族が故人を偲び、冥福を祈るために故人を供養する「法要」が麻布の賢崇寺で行われました。

 

Toshi Yoroizukaさんの投稿 2016年9月24日

 
 

川島さんの墓には黒い帽子が飾られ、赤いバラを中心とした花々と大好きだったワインが供えられています。

 

一周忌となった9月24日、この日には「慰愛碑除幕式」も行われたようです。
除幕式とは記念碑などの除幕布を引っぱり、公開する祝いの儀式を指します。

 
 

慰愛碑に刻まれた遺言

 

慰愛碑には川島さんが直筆で残した遺言が書かれていました。
これは、パティシエであり、夫の鎧塚さんが形にしたといいます。

 

Toshi Yoroizukaさんの投稿 2016年9月25日

 
 

慰愛碑の中には、蝶々が6匹飛んでいるようです。
そんな慰愛碑に刻まれた、美しくも儚い川島さんの遺言とはどのようなものだったのでしょうか?

 

品があり、川島さんらしい詩的なその内容をご紹介します!

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る