200497_ic
2016/11/23 | 3,990 PV |

泣ける・感動

出典:lovemeow
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

一時的に預かっていた子猫が、不安障害を抱える息子のパニックを抑えて家族になるお話

海外に住んでいるセレナ・アンローズさん。
彼女の息子であるジョナソンくん(7歳)は、不安障害を抱えていました。

 

長い時間、漠然とした不安に襲われるというのはとても苦痛なことです。
そのような症状にいつ襲われるか分からず、ジョナソンくんはずっと苦しんでいました。

 

…そしてある日、恐れていた事態が起こったのです。
ジョナソンくんは強いストレスを感じてしまい、パニック状態になってしまったのです。

 

200497-3

出典 lovemeow

 
 

家族が必死に落ち着かせようとしますが、なかなかその声は届きません。
そのようななか、とても小さな身体をした子がジョナソンくんに近づいていきました。

 

それは、家にいた子猫でした。

 

セレナさんは一時的に、保護施設から猫親子を預かっていたのです。
そのうちの1匹がジョナソンくんに近づいていき、膝の上にそっと座りました。

 

するとジョナソンくんの症状が嘘だったかのように、ピタリと止まりました。
さらには輝くような笑顔を浮かべたのです。

 

200497-2

出典 lovemeow

 
 

“子猫はジョナソンの救世主かもしれない…”

 

セレナさんはそう思いました。
しかしセレナさん一家にはルールがありました。

 

それは「ペットは飼わない」というもの。

 

保護施設は動物たちの新しい家族が決まるまでの間、
一般の人たちに一時的に預ってもらうという取り組みをしています。

 

そのような子たちをいつでも受け入れられるように、
今までずっとセレナさん一家はペットを飼ってこなかったのです。

 

200497-1

出典 lovemeow

 
 

しかしセレナさんは、2人の間には強い絆があると感じずにはいられませんでした。
そしてすぐさま決意をしました。

 
 

その決断がジョナソンくんの人生を変えます。
次のページ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

222509_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る