HOME

魚がエサに食いつく瞬間を撮影できる『小型水中カメラ』が話題に!(実機撮影動画あり)

2016/10/11 | 3,673 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

男のロマンの一つでもある釣り、好きな人はとことんはまってしまいます。
そんな魅力がたくさん詰まった釣りで、魚が食いつく瞬間を見てみたくはないですか?

 

9317853650_360220d32c_z-1

出典 Flickr

 
 

今、大きな話題となっている水深50m対応の小型カメラ。
釣り糸と繋げて水中を撮影できる、その名も『水深50m・海水対応 フィッシングカメラ(DN-914237)』です!

 
 

フィッシングカメラの詳細

 

この画期的なカメラ、通販ウェブサイト『上海問屋』から発売したようで、PCパーツショップである『ドスパラ秋葉原本店』でも8000円程度で購入できるそうです。

 

これは、水に沈めても問題ない「IPX8」の防水性能を持つ円筒形のカメラです。
海水にも対応しており、直径30mm・長さ116mm、重さは約60.5gとかなり小型。

 

 
 

約3.5時間は連続で撮影できるそうで、解像度は5メガピクセルほどです。
フィッシングでの撮影に特化しており、釣り糸の他におもりや浮きも装着できます。

 

ルアーにヒットした瞬間以外にも、水中の様子などが撮影できます。
百聞は一見にしかずということで、実際にフィッシング用カメラで撮影された映像をご覧いただきましょう!!

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る