歩けず、目も見えず、何物にも怯え、威嚇していた子猫を救った女性。その愛は深く温かい。

2016/10/11 | 23,886 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

米フロリダ州に暮らしている女性・カーメンさん。
ある日、高速道路を走行中に1匹の子猫を発見しました。

 

交通事故に遭ってしまったのか、子猫の後ろ足は曲がっており、とても歩けるような状態ではありませんでした。

 

カーメンさんは子猫を保護すると、急いで動物病院へと連れて行きます。

 

202729-1

出典 lovemeow

 
 

検査が終わると、獣医さんは予想外の結果を告げました。
なんと子猫は一切ケガをしていなかったのです。

 

どうやら子猫の後ろ足は、生まれつきの障がいのようでした。

 

それだけではありません。
子猫はもうひとつ、大きな障がいを抱えているようでした。

 

202729-2

出典 lovemeow

 
 

獣医さんによると、子猫は盲目であるとのことでした。
また、今後視力が回復することはないと言われてしまったのです。

 

生まれつき歩くことができず、目も見えない。
子猫はわずか生後5週間でしたが、獣医さんは安楽死をすすめました・・・。

 

202729-3

出典 lovemeow

 
 

しかし、カーメンさんはその言葉に”待った!”をかけました。
そして獣医師さんに、

 

「私が一生この子の面倒をみます」

 

と伝えます。
障がいを抱えた猫を育てるというのは、そう簡単なことではありません。

 

それでもカーメンさんの意志はゆるぎませんでした。

 
 

続きはこちら。
次のページ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post222405_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る