シリアの『死と隣り合わせ』の日常を伝える7歳少女のツイートに考えさせられる

2016/10/12 | 3,874 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

これからご紹介するのは『Banaちゃん』という、わずか7歳の少女。
彼女たちが住むのは、アレッポというシリア北部にある都市。
2012年、シリアで最も大きな都市『アレッポ』が侵略され内戦が奮発。それからというもの、4年の間ロシアが支持するアサド政権側の勢力と反政府勢力との間で内戦が続いています。

 

日常化した戦争は、今も市民を恐怖に襲っています。

 
 

『死と隣り合わせ』の日常を伝える『Banaちゃん』

 

▽『殺し合いを止めて』と伝える7歳のBanaちゃん

 
 

わずか7歳の少女が呟く怯える声

 

▽お願いだから戦争止めて。私達は疲れたよ。

 
 

▽今、爆弾が落ちてきた

 
 

▽とても学校が恋しいの・・・

 
 

▽なぜ私達を殺そうとするの?狂ってるの?もう空爆を止めて。

 
 

▽毎日、空爆されている。

 
 

彼女の呟きをもっと色んな人に知ってほしい。

 

次のページをご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

239032_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る