HOME

鹿児島県・徳之島から「名産の伊勢エビ」が消える! 原因は伝説を作る男『矢沢永吉』だった(笑)

2016/10/11 | 7,791 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

鹿児島県の奄美群島に属する『徳之島』をご存知でしょうか?
離島の1つであり、島には徳之島町・伊仙町・天城町の3つの町があります。

 

観光スポットとしても人気を誇る場所です。

 

Akane Nakamuraさん(@anepon)が投稿した写真

 
 

人口は3万人にも満たない島ではありますが、サトウキビ・ジャガイモ・ショウガの産業、カツオ・伊勢エビ類などの近漁業も盛んなのです。

 

・・・しかし、ある日、徳之島から伊勢エビが消えたというのです。
一体何があったというのでしょうか?

 
 

伊勢エビが消えた理由とは

 

名産の一つでもある伊勢エビは、簡単に取れるものではありません。
徳之島のそれぞれの漁師は、伊勢エビが取れる秘密のポイントを持っているのだそうです。

 

かずやさん(@kazuya__j)が投稿した写真

 
 

そんな伊勢エビがなぜ消えたのか・・・。
実は“あるアーティスト”のおもてなしに使ったのです。

 

島中の伊勢エビを使って歓迎するほどのアーティスト、誰だか検討がつきますか・・・?

 

それは、誰もが一度はその名を聞いたことがある”日本を代表する男性アーティスト”です。
島から伊勢エビを消すという伝説を作ったアーティストとは・・・?

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る