b_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1
2016/10/12 | 54,186 PV |

泣ける・感動

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

巨大な頭で生まれた赤ちゃん。その8年後の姿に感動

2008年、アメリカジョージア州アトランタで赤ちゃんが誕生しました。
両親のイアンさんとクリシーさん夫妻は、その赤ちゃんを見て衝撃を受けました。

 

パーカーくんと名付けられた赤ちゃんは、頭が大きく膨らんでいたのです。

 

b

出典 YouTube

 
 

彼は「頭蓋骨縫合早期癒合症」という頭蓋骨の病気を持っていたそうです。
この病気で頭蓋骨が早期にくっついてしまい、脳が大きくなろうとしても頭蓋骨が大きくなれないのです。

 

さらに、パーカーくんは水頭症という病気も持ち合わせていました。

 
 

前向きに生きるパーカーくん

 

両親はパーカーくんのそばを離れず、病気が治るように何度も祈ったといいます。
普通の赤ちゃんは脳が頭蓋骨の中の90%以上を占めていますが、パーカーくんの割合はたったの2%しかないのです。

 

残りの98%は水頭症による脳脊髄液で占められていたようです。

 
 

t

出典 YouTube

 
 

x

出典 YouTube

 
 

そんな状況で生まれてきたパーカーくんは、生後わずか数日後に頭蓋骨内から髄液を抜きとる手術を行いました。

 

その後、半年以上にも渡り手術が繰り返されました。
手術の他にも、お座りや自分の首を支えたりできるようにパーカーくんは努力をします。

 
 

j

出典 YouTube

 
 

努力を続けていると、いつの間にか自分で立ち上がるれるようになり、自力で歩くようになったのです。

 

パーカーくんが生まれたのは2008年。
そこから8年の月日が経っていますが、現在のパーカーくんは・・・

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post230015_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228841_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る