206311eye
2016/10/19 | 7,374 PV | Sponsered|

泣ける・感動

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

仲の良かった家族が崩壊寸前に…。そんな状況を救ったのは、ちょっとシュールな人物だった!

自分の身の回りにある物事に、感謝したことはありますか?
感謝すること自体がなかなか少ないとは思いますが、当たり前の物に「ありがとう」と思える動画を紹介します。

 
 

ある出来事をきっかけに崩壊寸前の家族・・・

 

3人分の夕飯が準備されたテーブルで、黙々と食事をする母と娘。

206133-12

 
 

どことなく暗い空気が漂う中、耐え切れず食事の途中で席を立ってしまう娘。

 

こんな空気になってしまったのには、原因がありました。
実は、ある日突然、父親が家族の前から姿を消してしまったのです。

 

父のことが大好きだった娘はどんどんと荒れてしまい、母は困り果ててしまいます。
そんな中、毎日帰りが遅い娘を母親は強く責めてしまいます。
そのまま言い争いになる2人。
 
仲の良い家族だったはずなのに、一気に崩壊しそうな状態に・・・。
すると、家族を救うべく突如現れたのは、・・・“電球お父さん”。

 

206311-1

 
 

言い争う母と娘を見かねた“電球お父さん”は、2人の前で自身の電球を強く発光させます。
すると、“電球お父さん”の頭には、昔の家族3人の楽しかった思い出が投影されていくのです。

 

206133-11

 

シャボン玉で遊んだ日、たくさんおしゃべりをした食卓、逆上がりの練習に付き合ってくれた、父・・・。
“電球お父さん”の温かい灯りのもと、娘はつらかった胸の内を打ち明け始めました。
 
すると、これを機にある変化が起きていくのです。

 
 

電球お父さんとは一体何者?!彼がもたらした変化とは・・・?

出典 YouTube

 
 

あるときは、母の買い物帰りに待っててくれていた“電球お父さん”。

206311-5

 
 

あるときは、玄関で娘を見送る母の後ろで手を振る“電球お父さん”。

206311-6

 
 

またあるときは、娘の勉強姿を優しく後ろから見守る“電球お父さん”。

206311-7

 
 

ちょっぴりシュールなこの動画ですが(笑)、実は深い意味が隠されていました。
 
今年4月に家庭向けの「電力小売りの自由化」が始まってからというものの、様々な業種から多くの企業が参入し、新規顧客獲得に動いたことで世間の関心を集めました。
しかし、注目されるのは、あくまで「料金」や「サービス」。
“電気”がくれる“安心感”について活者が目を向けることは少なくなっています。
 
そこで、改めて「電気がもたらす恩恵」を伝えるべく、“電球お父さん”が立ち上がったということだったのです!

 
 

撮影の裏側でもシュールな出来事が?!

206311-8

 
 

実は、“電球お父さん”の“頭”には、本物の電球を使っていて、プログラムで自在に明るさを調整することができます。
“かぶり物”とはいえ、発光すると熱を帯びるため、中の人は、顔に厚めのタオルを巻くなど“防熱”対策万全で撮影に臨んだのだそう!

 

206311-9

 
 

ただし屋外での撮影シーンでは、「電球お父さん」の灯りにたくさんのヤブ蚊が集まってくるというエピソードもあったのだとか(笑)
 
また、電球をかぶってしまうと音(声)が聞こえづらくなり、手を振るシーンでは、カット後もスタッフに直接止められるまで手を振り続けるという熱演っぷりを見せてくれたようです。
 
電気があって当たり前になってしまっている世の中。
しかし、暗い夜道を真っすぐ歩けるのも、ご飯を作ったり家族で和気あいあいと団らんできるのも、電気があるからこそ。
今一度、ご家族で電気のありがたみについて考えてみると良いかもしれませんね。

 
 

提供 関西電力

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

1232

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る