HOME

それぞれの国の名産品で作られた世界地図がなんだか美味しそう・・・♡(画像11枚)

2016/10/19 | 11,891 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

一般的に、”地図”というのは、国名や地名などを表した物ですが、製作方法によってはちょっと違った表し方も出来ます。

 

今回ご紹介するのは、それぞれの国の名産品で地図を作るというアイディアを使って作成された物です。
そんな各国の名産品で作られたという世界地図が「美味しそう!」と話題になっています♪

 

11カ国の名産品で作られた地図をご紹介していきます。

 
 

1.アメリカ:トウモロコシ

 

208501_1

出典 hargreavesandlevin

 

アメリカは、コーンベルトというトウモロコシが主要作物として生産されている地域です。
広大な国土と栽培地域を持つアメリカは、まさにとうもろこし生産の世界最大国と言っていいでしょう。

 
 

2.イタリア:トマト

 

208501_2

出典 hargreavesandlevin

 

ヨーロッパにトマトが持ちこまれた当時は、有毒植物に似ていた為に”毒性があると信じる人が多かった”ので、観賞用の植物として育てられていたそうです。
長い時間をかけてその間違いに気付き、現在イタリアでは多彩なトマト料理が生まれ、パスタや肉のトマト煮込みとして日常的にトマトが重宝されるようになったのです。

 
 

3.オーストラリア:エビ

 

208501_3

出典 hargreavesandlevin

 

オーストラリアは、汚染の少ない南半球の海に囲まれ、シーフードが種類豊富に獲ることが出来ます。
魚市場の取り扱い種は、日本の築地に次ぐ世界第二位の規模を誇ります。その中でも最も獲れるものがエビなのです。

 
 

4.中国:麺類

 

208501_4

出典 hargreavesandlevin

 

中国の北部が麺のルーツと言われており、小麦粉を原料とした様々な麺食品が開発されました。
今では日本でもラーメンやちゃんぽんなどでよく麺料理が食べられていますが、その原点は中国だったのです。

 
 

5.フランス:チーズとパン

 

208501_5

出典 hargreavesandlevin

 

フランスは、実はヨーロッパ最大の農業国といわれる程で、土壌と気候を生かし小麦や酪農などが世界に認められる程のブランド力を持っているのです。

 
 

次のページをご覧ください。
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る