130610_Plug-thumb-640x360-59051
2014/11/26 | 7,188 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【あなたは聞こえる?】「モスキート音」であなたの耳年齢がわかる!

蚊

出典 allabout

「モスキート音」とは、名前の通り、蚊の羽音のような17キロヘルツ前後の高周波音の不快感を伴う音で、
実は、このモスキート音、個人差もありますが年齢を重ねるにつれ、聞き取りにくくなっていくそうです。

このモスキート音がどのレベルまで聞き取れるかで、あなたの『耳年齢』が分かります。

レベル1から6までの段階でチェックができるので、耳年齢チェックしてみませんか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
レベル1 【13kHz 41 ~ 50歳くらい】

出典 youtube

 
レベル2 【15kHz 31歳 ~ 40歳】

出典 youtube

 
レベル3 【16kHz 25歳 ~ 30歳】

出典 youtube

 
レベル4 【18kHz 18歳 ~ 24歳】

出典 youtube

 
レベル5 【20kHz 13歳 ~ 17歳】

出典 youtube

 
レベル6 【21kHz 限界に挑戦】

出典 youtube

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
あなたは、どのレベルまで聞き取れましたか?
限界レベルの21kHzが聞こえた!!という方はいましたか?
実は、この21kHzは「通常人間には聞こえない周波数」といわれています!

 

そもそも、【モスキート音】は何のために作られたの?

モスキート音を出す音響機器「モスキート」は、深夜に店の前などにたむろする若者たちに不快音を聞かせて退散させるために、2005年にイギリス・ウェールズのハワード・ステープルトンによって開発された。
この発明により、ステープルトンは06年にイグノーベル賞を受賞している。

出典 kotobank.jp

 
日本でも導入されている!!

「モスキート」を販売する日本の代理店株式会社メルクによれば、現在「モスキート」は全世界で9000台以上が使用されており、日本でも深夜営業の商業施設等で導入が進んでいる。
東京都足立区は自治体として初めて、深夜の公園での若者たちの非行および施設の破壊行為を防止するため、09年5月21日から同区内北鹿浜公園に試験的に設置した。他の自治体からの同区への問い合わせなどは非常に多いという。

出典 kotobank.jp

 
こんな活用方法も・・・(良い子は真似しないでね!)

「モスキート」発売開始後、米英ではモスキート音が大人に聞こえないことを逆手に取り、授業中に教師に気づかれずに携帯電話やメールのやりとりをするため、着信音として利用する若者たちが出てきた。現在では日本でもウェブ上の複数のサイトからモスキート音の着信音をダウンロードできる。
また、ゲーム機器メーカーの株式会社ハドソンでは、着信音の配信に続き、09年7月29日、「モスキート MOSQUITO~大人には聞こえない音~」のタイトルで、モスキート音を使用した全18曲を収録するCDを発売している。

出典 kotobank.jp

モスキート音のCDだなんて、誰得??
若者にしか聞こえない!と謳っておりますが、上でも述べたとおり「聞こえには個人差がある」ので、必ずしも若者のみの特権ではないのだと思います。
でも、その音が聞こえた大人の皆さん「わたしもまだ若いわね~」と思う存分優越感に浸って頂きたいと思いますw

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post229453_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る